プロカメラマン、新井さん

本日のテーマはプロカメラマンについて解説していきます。どうぞ最後まで読んでください。

【結論】

プロカメラマンは、誰に対しても謙虚で、相手の要望を傾聴から聞き出して最適の写真を撮影するプロであり、わたしにとって仕事における良きパートナーであります。

【プロカメラマン、新井さんとは】

新井さんは、独立したてのベンチャー。1人で全てをこなすプロカメラマンです。笑顔が素敵な方であり、とにかくお客様に対し気を使ってくれる人。前向きに努力する新井さんです。

【仕事内容】

お客様の要望に応じて多岐にわたります。出張撮影はもちろんん、Web用撮影、名刺写真等々をこなし、クライアントの要望にあっているか確認しながら撮影を行っております。撮影に関する機材も本格的であり、すべての機材に対し愛着が感じられた丁寧な取り扱いをされております。

また、クライアントの要望を最大限生かすため、傾聴し、確認しながら進めてくださります。決して一方的な撮影にならず。撮影して頂けるのはとても助かっております。

【努力家】

新井さんは努力家です。プライベートの時間も調整し、常にクライアントの事を考えております。常に向上心と生活を豊かにするため、未来に向けて活動することも忘れていない方です。

【起業した先輩として教えを乞う】

起業した先輩として様々な教えを頂いております。なぜ、起業に至ったのか?困ったこと、うれしい事、楽しいことなど、起業してよかったとおっしゃられております。先輩から教えて頂くのはとても貴重です。そのような新井さんの姿を見て、わたしも頑張らなくてはと思いますし、新井さんを応援していきたいと思いました。

【まとめ】

新井さんのように、謙虚で、相手の要望を傾聴する事で、最大限のパフォーマンスを出す事が出来ている事に対し、新井さんから学ぶべき点沢山ありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA