心の悲しみに寄り添う事が大切

今回のテーマは「心の悲しみに寄り添う事が大切」について解説していきます。

結論

心の悲しみを抱えた方に寄り添う事が大切です。その立場にならないと分からないであったり、逆に遠慮して全く声をかけない、寄り添わない事はマイナス効果になります。

悲しみと怒り

人によりそれぞれ事情が異なります。特に大切な方を亡くしたばかりの時は気が動転し、悲しみだけでなく、怒りなどの感情も出てきます。その時に周りの方々の反応は冷めた目で見るような事が多いのに残念でなりません。私はもっと心の悲しみを理解し、寄り添う事が大切であると思います。また、怒りがこみ上げるのは複雑な心境からです。会社勤めであれば、会社が仕事を要求してくるため、あなたの心を理解してあげられず、いつも通りにお願いする事が時として怒りに代わったりします。周りはなぜ突然怒り出すのだろう?となり、そのギャップからよけいやりきれない状況になります。

寄り添う事の大切さ

大切な方を亡くされた家族は悲しみから絶望的になります。そのような気持ちになっている時はそっと寄り添ってあげる事が大切です。ですが、周りの方々はそのような心の悲しみを理解せず、独自の解釈で「あの人悲しんでいるからそっとしておこう」と思ってしまいます。ですが、それが逆効果になる事もあります。孤独になっている方にとっては、全く声をかけてもらえないなどから、逆にマイナス効果になってしまい、ネガティブな事を考えてしまうのです。あたたかく包み込むような感じで寄り添ってあげるだけでよいのです。

生きる希望

良く時間が解決してくれると言われる方がいます。しかし、これは間違いです。人それぞれ全く違います。時間がたてば悲しみが癒される方もいるかもしれませんが、それは人によります。生きる希望を見つけるためには「何かに集中する」事も大切です。色々な事があります。例えば温泉に入る、漫画を読むでもいいです。何か集中出来る事を見つけることで、その瞬間は気持ちがまぎれます。わたしは、集中する事で、生きる希望を見つけ出してきました。集中しないと悲しみが込み上げてくるため、何かに集中する事はとてもおすすめです。

グリーフケアの存在

大切な家族を亡くされた方に対する寄り添いを「グリーフケア」と言います。グリーフケアは一般的に知名度が低く、知らない方が大半です。わたしは、グリーフケアの存在をもっと多くに方々に広めていきたいと考えています。それは、人種を問わず、同じ悲しみや境遇を抱えた方が寄り添えるような環境、すなわち「寄り添いコミュニティ」をネットで作り上げたいと考えています。同じ悲しみを抱えた方であれば、相手の気持ちに少しでも寄り添う事が出来ます。

まとめ

心の悲しみ寄り添う事をしてあげてください。また、グリーフケアの存在を今後広く広めていき、「寄り添いコミュニティ」を作り上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA