第57回_投資は自分と会社の未来に

今回は「投資は自分と会社の未来に」についてお話していきます。このテーマを取り上げた理由はスタートアップで起業される方が増えてきております。また、サラリーマンの方々は上司などから自己啓発をしなさいと言われる事もあるかと思います。そのような事から投資とは?自分と未来になにがあるのか?について見ていきます。

【結論】

投資は金融投資だけではありません。自己投資があります。自分に投資した事に対し裏切りはありません。自分の知識や経験を増やすための自己投資を行う事でプラスに働きます。会社の未来に向けて投資する事であり、投資した以上回収スピードを早めていく事が大切になります。

【投資】

世間一般的な投資とは、株に投資する、不動産に投資する、など金融資産に関する事が多いです。ひとり起業やスタートアップ起業の方は様々な事にお金を使わざる得ない事が多く、投資にまで回らない事が多いです。中には投資に対して違う見方をする方も多く、お金が急に入ると自分の欲求に使う方がおられますが本来の考え方の投資ではありません。

投資をやりたいが何に投資したらよいのか?それが見えない時は自分に投資をするようにします。自分への成長のために行い、会社の成長のためにも行う投資は裏切りませんし、逃げません。

【自己投資】

自分に投資するとは何なのか?不足する知識と経験をお金で買う事です。自分のビジネスを大きくするために自分に投資を行います。一般的なのは本を読む、講座を受ける、セミナーを受ける、体験学習を受けるなどです。時間をお金で買う感覚で投資される方が多くおられます。

中には、海外旅行で知見を広める、実体験をしてみるなど様々な事があります。ただし注意しなければならない事があります。それは自分の娯楽のためにお金を使って投資まがいをするものではありません。

【会社の未来に生かす】

自分の成長発展のために自己投資を行いますが、 会社の成長発展のためにも投資を行います。会社の成長には投資が欠かせません。その際何に投資するか?です。

売上と利益を生みだす事に投資をします。投資をしたら回収を考えないといけません。どれくらいで回収できるのか?何年で出来るのか?などです。

設備投資、従業員採用、販売促進などが代表的なものです。全て会社を成長発展させるために必要不可欠になります。

【大きな夢ビジョンを持つ】

会社の未来を描きながら経営者は夢ビジョンを持ち、従業員と共有します。夢ビジョンがあるから前に向かって進んでいく事ができます。ときとして経営者は悩み、苦しみ、誰にも相談できない事もあります。しかしそのような時は夢ビジョンをもう一度思いだし、何のために会社を立ち上げたのか?を思いだして頂くともっと前に大きく前進できるはずです。

夢ビジョンは大きく持つことをお勧めします。夢ビジョンが大きいからこそ従業員も頑張ろうと思い、全員の士気があがり会社の成長発展に繋がります。そして、周りで支えてくださる真の友と手を携え、お取引先様、お客様に対し成長した会社経営を見せていく事が社会貢献にもなります。

【騙されない】

事業を始めると中にはよからぬ方も近づいてきます。言葉巧みに投資を持ち掛けだましてむしり取る輩のようなものです。そうゆう者と付き合ってはいけませんし、YES・NOをはっきりと言って断る事も大事です。

ビジネスの付き合いだから全てを受け入れるのではなく、友達の紹介だから受け入れるのではなく、何が正しいか?で判断し間違った道に行かない様にしてください。大きく騙されると経営破綻します。

特に、起業当初が危険です。

【まとめ】

投資は自分の自己成長、会社の未来に向けて行う事をお話してきました。自分の知識と経験をお金で買う。お金で買う事の代表として時間です。時間は誰にでも平等ですが何年もかかる事を自己投資により半年、3か月などと短縮する事が出来ます。

自分の未来、会社の未来を信じて自分に磨きをかけていく事がより素晴らしい社会を作る事に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA