第73回_旦那様、アイロンをかけられますか?

今回は「旦那様、アイロンをかけられますか?」についてお話していきます。

なぜ、このような話なのかと言いますと、独身時代にアイロンをかけた事がある方と全くアイロンを触ったことがない方が世の中にはおられます。今回は、アイロンを全く触ったことのない旦那様に対してお伝えしたい内容です。今回も「エンディングライフファミリーアドバイザー」からの内容です。

【結論】

アイロンが使えるようになると、ワイシャツやズボン、ハンカチなどのしわくちゃを取る事が出来ます。また、奥様が旅行などで出かけていてもアイロンをかける事ができる事で身だしなみアップになりますね。アイロンがけの出来る旦那様は奥様から喜ばれる事になります。

【アイロンの種類】

アイロンには大きく分けて2種類あります。コードレスアイロンとコードタイプのアイロンです。今はほとんどコードレスアイロンタイプが多くなっています。また、大きさも普通サイズからコンパクトアイロンと様々です。

スチームアイロンがあります。高温の蒸気を出してしわを伸ばすタイプのアイロン、水を入れるカートリッジがあり、アイロンをかけていきます。このタイプはアイロン台が必要なので別途購入する事になります。

ハンディタイプのアイロンもあります。こちらも蒸気でしわを伸ばすタイプです。アイロン台が要らないのが大きな特徴になります。お出かけ前にしわをさっと取る事が出来るなど重宝する分、アイロンをかけにくい点もあります。

重量が異なります。コードレスアイロンとハンディアイロンとでは重さが全く違います。この重さと熱い蒸気でしわを取れる事になります。重い方がアイロンをしっかりかけやすい事になります。重量を考えると軽いハンディアイロンが多くなってきています。

【旦那さんのアイロンがけ】

サラリーマンの方はワイシャツを着る事が多々あると思います。そんな時、奥様が洗濯した後ワイシャツのアイロンがけを教えてもらい挑戦するといいでしょう。

奥様は始め教えるとき大変かもしれませんが、教えた後が楽です。

また、旦那さんはアイロンがけのポイントを教えて頂く事でしわのままでいく事が防げます。ハンディアイロンでも同様です。特にズボンの折り目をつける際きちんとあて布をする事と、折り目をあわせる事で綺麗なズボンの線が付きます。この時使用するアイロンはスチームアイロンがよいでしょう。

アイロンをかける際の注意点は奥様からよく聞いて確認してから行って下さい。アイロンの熱量により生地が傷むことがあります。

【奥様への感謝】

旦那様は奥様からアイロンがけを教えて頂く際感謝を込めて「教えてくれてありがとう」と言ってみて下さい。ありがとうと言われて嫌な気持ちになる奥様はおられません。

日頃、旦那様に恥ずかしくない様に身だしなみに気を使い、文句も言わずアイロンをかけて下さる奥様に感謝するべきです。きちんとアイロンがかかったワイシャツ、ズボン、ハンカチなどを見て他の方は、「〇〇さん身だしなみしっかりしてる」「奥様がしっかりしている」とみられているのです。

感謝してもしつくせないですね。

そのような奥様の影の努力を感じず仕事をしている旦那様は多いのではありませんか?影のサポートは絶大です。

そのような奥様の負担を少しでも軽くする行動が旦那様自身のアイロンがけです。奥様から学んで損はありません。

【教わったら率先してアイロンがけ】

教えて頂いたら率先してアイロンがけして下さい。自ら行う事で経験値があがり、アイロンのかけ方も上手になります。アイロンがけを率先して行っていないと毎回クリーニングに出す事になりかねないです。

奥様がお出かけから帰って来て、「これアイロンかけておいたよ」と言っただけでも奥様は旦那様を見直す事でしょう。

お子様がいらっしゃる家庭であればなおさらアイロンがけは喜ばれます。率先して行う事で経験を増やしてください。

【まとめ】

アイロンをかけたことが無い旦那様が多いため、今回のような事を書かせて頂きました。

中には毎回自分でアイロンをかけておられる方もいます。アイロンはかけられて損はありませんし、夫婦関係を良好にしてくれます。学んだら継続してアイロンがけをしてみて下さい。笑顔あふれる毎日が過ごせることに感謝しながら奥様、旦那様の愛情を感じて下さい。

【困った時の相談先は「My's Life Japan エンディングライフファミリーアドバイザー」まで】

エンディングライフファミリーアドバイザーは大切なご家族を亡くされたご遺族に対するフォロー・ケア・サポートを行う部門です。

お困りの方は是非一度ご相談ください。

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

エンディング・ライフ・ファミリーアドバイザー

大切な家族を亡くされた方のサポートをする部門になります。ご家族の心情を理解し、寄り添う事が私たちの使命と考えております。My's Life Japan株式会社では、ご家族の心…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA