学びと気づき

本日のテーマ「学びと気づき」について解説していきます。どうぞ最後まで読んでください。

【結論】

学ぶ事は何歳であっても大切です。知識を得て、周りの人に分け与えられる事が大切な事であり、ほかの方が何で困っているのかに気が付いてあげる事が大切です。

【知識を得る】

知識を得る事は、脳を活性化し、新たな発見に繋がります。知識を得る方法は人それぞれです。本で知識を得る人、辞書で知識を得る人、YouTubeで知識を得る人など、様々です。わたしは一日1冊の本を読むようにしています。それは自分の知識をインプットしたあとアウトプットするためです。

日々社会は変化します。変化に対応するために日々の読書が日課になっています。ちなみに、わたしの部屋にはテレビが無いため、ニュースはネットで見ています。

【周りに分け与える】

自分で得た知識を自分だけのもので留めておくことは周りを幸せに出来るチャンスを無くしているのと同じであると思い、わたしは自分が得た知識を教えてあげるようにしています。教える事がすなわちアウトプットになるので、より理解が深まります。最近では本で読んだことをネットで調べてより理解を高めています。

【知識の使い方】

得た知識をどのように使うかが大事です。わたしの場合、創業するための知識を深めています。自分の経験はありますが、知識を得て、経験していない事を補うようにしていく事でスムーズな展開に運ぶようにしています。その中で、知っておいて本当に良かった事もあります。全く知らないでは大変なことになりそうな事もあります。

特に、お金に関わる知識は重要です。ありとあらゆる分野で知識を得ていないと、余計な出費などに繋がります。時により分からない事は、分かる方に相談して知識を吸収しています。

【まとめ】

知識を得たら、周りにあげる事でより自分の知識を深める事が出来ます。日々勉強していく事が大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA