第27回_【失敗談】白物家電、簡単に手放したらヤバイですよ!

おはようございます。本日はわたしの失敗談として「失敗談_白物家電」について解説していきます。最後まで読んで下さい。

【結論】

わたしの失敗から、白物家電を手放す、購入する際は慎重に良く考えた上で行動に移しましょう。

【失敗1 冷蔵庫】

私が以前住んでいた郡山市での出来事。当時3DKに住んでいた私が使っていた冷蔵庫の話です。冷蔵庫は160L入る大きめのものでした。普段から野菜を良く食べ、牛乳を飲み、納豆、豆腐を買ってストックしていました。使い勝手のよい冷蔵庫でしたが、手放す事になります。

引越して栃木県に行くためには手放さざる得ないのであります。当時壬生町に行かなければならず、そこには既に冷蔵庫があり、わたしのは持って行けないのであります。どう考えても冷蔵庫を手放さざる得ないわけです。

しかし今はどうでしょうか?私は宇都宮市に住んでおります。そのため冷蔵庫は買いなおしになりました。勿論1人用の小さいものです。引越し費用が2回分かかり、買いなおすための費用もかかりました。事情があるにせよ、慎重に判断するべき失敗談でした。

【失敗2 洗濯機】

洗濯機の話です。同じく引越するため手放しました。もともとは9キロの洗濯機を使用していました。こちらも宇都宮で生活するために買いなおしです。勿論7キロの小さめですが、白物家電は処分するのに費用がかかります。家電リサイクル法です。とにかく出費が多くなり手放す事を考えるのは慎重にするべきであるとつくづく思いました。

【失敗3 電子レンジ】

電子レンジです。これも同じ理由引越です。こちらは福島県内に居る親族にあげましたが、3万円くらいしたオーブン電子レンジでした。電子レンジは持ってきても良かったのではと反省しております。わたしは毎日自宅でコーヒーを飲むためレンジは欠かせませんがレンジの無い生活はかなりのもでしたので、宇都宮に来てすぐに買いなおししました。

【白物家電の購入】

私の今使っている白物家電は中古品です。安く抑えるために3点セットで購入しました。手放す時は自宅に業者が訪問し回収してくれましたが費用が約2万3千円かかっています。購入する際には購入費用(運送費用込)ですが、中古購入で約3万円です。手放す時はそれなりに費用が掛かる事を知っておくとよいと思います。安易に白物家電を購入し、買い換えるのは考えた方がよいでしょう。

【まとめ】

毎日の生活で欠かせない「白物家電」購入は簡単ですが、手放す時は費用と手間がかかりますので慎重に考えてからにしてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA