マイクロ法人について

マイクロ法人とは

コロナ過で生き残るため新たに就職するか?起業するか?分かれる方が増えています。

今回マイクロ法人について考えてみたいと思います。

マイクロ法人の概略

マイクロ法人は、簡単に言うと「ひとり社長の会社」であります。

会社を設立して、小さく行うからマイクロ法人なのです。

マイクロ法人は、マイクロと言っても正式な法人ですので、世間から法人格として見られます。

個人事業主とは異なり、法人を相手に商売を行う点で信用度が上がる事からその点は有利です。

コロナ過で職を奪われる方が続出

コロナ過で会社から「希望退職」「整理解雇」「計画閉店」「肩たたき」などでどんどん行き場を失っているサラリーマンが続出しています。

たとえ希望退職と言って拒否したとしても、一度候補者に上がっていれば、いずれ退職の道に追い込まれます。

退職したとして、次の仕事が見つかるのでしょうか?

かなり厳しいと思われます。

見つかる方もいますが、給料は今までよりも格段に低くなり、自分の希望した職種でない事が大半です。

そこで新たな考えが生まれるのです。

新たな考え【マイクロ法人を作る】

新たな考えとしてマイクロ法人設立が一つの考え方になります。

自分で会社を作り、自分が社長になるというわけです。

今までの世界と異なり、わくわくされる方も多い事でしょう。

夢があるかたもいます。

もちろん、人により個人事業主かもしれませんし、サラリーマンのままかもしれません。

マイクロ法人設立の条件は?

マイクロ法人を作りたいと思っても一体何をやるのかで変わってきます。

マイクロで出来なくなる可能性もあります。

例えば飲食店

飲食店は現在コロナ過真っ只中!コロナ過でも飲食店を開業したい場合は、ひとり社長になれず、従業員を雇い、店舗を借り、大量の備品や食材を仕入れ、営業となります。

マイクロ法人に向いていませんね。

それであれば、個人事業主か、サラリーマンと変わらないですね。

自分ひとりで完結する仕事でないといけないとの考えにならないとだめです。

まとめ

今回は「マイクロ法人」について簡単に触れました。

コロナ過で生きるため、人生を豊かに生きるためには、何をするか、よく考えた上で実行に移す事が良いでしょう。

人生一度きりです。

人生を豊かに生きるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA